上品な酸味と苦味をもつ
宮崎の日向夏

むかし
料理上手な陶芸家の先生から
頂いたピールの美味しさに衝撃を受けたこと
この時期になると思い出します

間もなく
路地ものが出回る季節

身と皮に分け
好みの固さにコトコト

やさしく
ゆっくりと
甘みを加えて
三昼夜

 

柔らかくなったら
バットに移し
余分なシロップをきる

このままドライにするのもあり〇

花粉も飛び始めてる

なので
低温オーブンでゆっくり乾燥

固くならによう注意をしながら

日向夏ピールがオーブンの中で並んでいます。
hyuganatu-peel-cooking3

ほどよくドライになったら

お好みのビターチョコでお化粧仕上げ



季節を楽しむ
大好きな手作り菓子



大切な方への贈り物


日向夏ピールが箱詰めされリボンが飾られている。
hyuganatu-peel-chocola

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。