11月の連休明け
奈良国立博物館で開かれていた正倉院展へ
友人たちとお出掛け
まずは、やっぱり美味しい腹ごしらえ(笑)
奈良で鰻!?
抜群においしくて
皆、ペロリと完食!

さぁ!正倉院展へ。

正倉院宝物・・数百年前に作られたものとは思えない
素晴らしい技術に
美しさ
そして
こんなにも時を重ねていても
状態の良いことに驚くばかり。

麻の織物など、なぜ美しい色が残っているのか・・
拝見できて良かった。

タクシーのおじさんのお薦め
静かで素敵な穴場へ♪
奈良公園の中心から少し外れたことろへ移動。
こちらの志賀直哉の旧家。
奈良に住んでいたことがあったなんて・・

特に台所とダイニングルームとサンルーフのお部屋

は、そのまま自宅として使わせて欲しいほどに素敵。
興奮して写真に収めるのを忘れていた(笑)

そして
浮見堂までお散歩
夕方だったこともあるかも?ですが
本当に静か
鷺池に浮かぶ六角堂の風景がたまらなく
時を忘れるほど
鹿も1頭・・2頭・・
ウエディングの写真撮影によく使われるそうですよ。

すっかり日も暮れ
さぁ、タクシーで駅まで戻ろう!
と思いきや
人もタクシーもいません。ここは奈良。

スマホ片手に
のんびり
ゆっくり歩く歩く

そのお蔭で
素敵にライトアップされた五重塔や興福寺を拝見することが出来しあわせ。

思いがけない楽しさがいっぱいあった奈良。
アレンジしてくれた友人に感謝。

お疲れさまでした◎

1件のコメント

  1. もう読まれましたか、
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)
    読み通すには一頑張りが必要かも。
    読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
    ネット小説も面白いです。 Like

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。