早くも、2014年も折り返しですね・・
部屋中に広がる、甘酸っぱい杏ジャムの香りと共に
今日を迎えています。

やりたいこと。やらなくてはいけないこと。
まだまだいっぱいです!
頑張らねば。

上半期最後の週末・・
佐藤初女さんの『イスキアの集い』に参加するチャンスに恵まれ
出掛けてきました。

4年ほど前だったでしょうか・・
本屋さんで、

「いのちの森の台所」 佐藤初女

という文字が目に飛び込んできました。
初女さんのことも、活動も何も知らなったnao*ですが、
手に取り、彼女の優しい横顔(写真)が目から離れず・・
どうしても読んでみたくなり、お家に連れ帰りました。
そして、
吸い込まれるように読んだのが、初めての出会いでした。
彼女の人生を通して、「食」に対する思いや執着する姿勢。
生活するということ・・大切さを
優しい言葉で、そして厳しく、伝えてくれている本でした。

その他、
「おむすびの祈り」や「朝一番のおいしいにおい」も読ませていただきました。

初女さんは・・20年以上前に
青森県で「イスキアの森」を開設し
悩みや問題を抱え込んだ人たちを受け入れ、食事を供し
痛みを分かち合う癒しの場を主宰。
たくさんの人々の再生するきっかけとなっている活動に。
また、講演活動として全国に渡り、
食の大切さを次世代へ伝える為の集い を。

93歳を迎える一人の女性・・
いろいろな経験・体験をしてこられている初女さんに
実際にお会いして、お話を聞くことができたことを幸せに感じます。

当たり前のこと・・
大切にすべきこと・・
変化させていくべきこと・・

そして・・
そこには、「食」が。

今いち度、立ち止まって見つめ直す時間を頂きました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。