今月18日まで阿倍野ハルカスで開かれていた
「北斎」
大英博物館・ボストン美術館etcから
多くの作品が一堂に集まっていた。
わくわくしながら
先週あたまに出掛けてきました。
特に北斎の娘・応為が描いた絵「吉原格子先之図」がどうしても見たく
たくさんの人が並び、順番を待つ中
この作品に近づいた頃、なぜか少し人が途切れて
一番前を陣取り、たっぷりと見ることが出来たのでした。
あの優しい光と影の表現
作品の中に吸い込まれるよう
幸せ
実物をこの目で見れて
良かった
そして
北斎の作り出す色・表現力の凄さに圧巻でした
あ~もっと、見たかった
またいつか、会えます様に。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。